鉄分補給

310K、310SA、W-ZERO3とWILLCOMとは思えない勢いで新機種が発売され、310Jも発売目前となりました今日この頃。皆様いかがお過ごしですか?

事実上選択肢が無かった頃と比べれば夢のような話ですが、当然のことながらユーザー自体も分散してしまったようで、洋ポンの勝手アプリ関連も一部を除いてやや盛り上がりに欠けている気がします。通信に制限がかかってたり、JavaVMがバグってたり、いつまで待ってもWILLCOMから仕様書が公開されなかったりと、アプリ製作者にとって余計なことに気を回さなくてはいけない部分が多すぎるのも状況に水を差しているような。もうちょっとどうにかして欲しいものです。

愚痴はさておき、『あかねと〜くW』に続く当サイトの移植ソフト第2弾は『WTrain』、ようするにNextTrainの移植を目指してます。

WTrain
http://www.rihan.com/java/WTrain.jad

CFG形式のファイル読み込みにも対応(2006/1/22)。到着駅データには未対応です。Javaの勉強用に作ってますんで、開発のペースが遅かったり、上手く動いている部分も再設計を繰り返している関係上、突然バグが現れる可能性があったりしますが(^^;、それでも良いよという方のみお使い下さい。色んな意味で無保証です。試験や面接、会議やデートの際のご利用はくれぐれもご注意下さい(苦笑)。

今回のポイントは使い物にならないWX310SAのFormをいかにして使うか、という点。大半の画面をFormベースで構成しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.rihan.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/88

コメントする

このブログ記事について

このページは、RIHANが2006年1月15日 14:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「禁じられた半透過」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。